PhoDoment(フォドメント) 施設点検・診断管理システム

 
なぜ、データを手入力せずに帳票が作れるのか?
PhoDoment(フォドメント)の秘密
現場写真最高峰のリコーG700・G800シリーズの機能をフル活用、帳票・写真・各項目情報を紐付け!
ファイルをPhoDoment(フォドメント)にドラッグ&ドロップで、自動で写真、各項目情報を帳票に出力します。



「メータ文字認識エンジン」を使用して、メータの写真を撮るだけで数字を帳票に自動出力できます。
詳しくは「PhoDoment(フォドメント)を応用した実例(除染)」をご覧ください
リコー様の技術者さんも驚きの、メモ機能をフル活用!

 

1.それぞれの帳票管理番号を事前にQRコード化し、G700・G800カメラでQRコードを読み込むことで、各帳票の項目データと現地写真を紐づけします。
2.1つの工事を複数の人が撮影してもOKです。管理番号さえ紐付いていれば、同じ工事の写真データとして帳票出力されます。
また、メーターが写っている写真の数字を文字認識技術で数値化し、自動で帳票に出力することもできます。※詳しくは応用した実例(除染)をご覧ください
3.カメラをパソコンに接続して、「PhoDoment(フォドメント)」にドラッグ&ドロップするだけでOK。
出力したい帳票を選択すれば、あとは自動で作成します。
4.リコー様に「PhoDoment(フォドメント)」を紹介させていただいたところ、「メモ機能をここまで使いこなしているのは滅多にありません!」と驚いていらっしゃいました。
 
【複数撮影に対応】

1つの工事を複数の人が撮影して取り込んでもOK!1つの工事として、システム内で処理します。

 

PhoDoment(フォドメント)を使用した実例・水道設備


水道設備等の調査用としてPhoDoment をもとに作成した、写真と調査票の入力を連携させたツールの例です。
現場では、調査管理番号のQR コードをいれた調査票(エクセルファイル)を印刷して持参し、
G700/800 で読み込むことで調査データと現地写真を紐づけます。
事務所では、調査結果が記録された写真をツールで一元管理し、調査票への転記、写真台帳の作成を行います。
現場で記録した紙の調査票からの転記や、写真の調査管理番号への紐づけなどの際のミスを減らすとともに、
調査内容が確実に 実施されたことの説明資料としても利用できるツールです。

 

上水道工事カメラメモ・メニュー例
水道事業者毎にカスタマイズ可能です。水道事業以外にもご利用いただけます。

 

 

道路舗装工事カメラメモ・メニュー例
道路事業者毎にカスタマイズ可能です。その他の事業でもご利用いただけます。

 

 

PhoDoment(フォドメント)を応用した実例・除染事業
カスタマイズ機能「放射線メータ文字認識エンジン」を使用して、
写真に撮ったメータの数字を文字判別し、帳票に自動出力することができます。
【放射線メータ文字認識エンジンとは】

山形大学工学部に委託した「除染作業の記録写真の中から、放射線メータ画像を判定すると共に、判定したメータ画像の線量値を文字認識技術で数値化する」ことを目的に開発されました。
G700・G800カメラでの撮影条件を満たし、メータ画像の画質を高めることで、95%を超える認識率を達成しました。
下に画像数字の認識率と、解析で使用した写真サンプルを掲載しています。
 

 

PhoDoment(フォドメント)を使用した実例・蔵衛門対応

 
以下の業務例では、「蔵衛門」に出力するように設定しています。
PhoDoment(フォドメント)を使用しても、いつもの使い慣れた帳票に出力できるので安心です。

PhoDoment(フォドメント)の使い方講習
使い方がよくわからないかも・・・という心配はいりません。
専任のスタッフによる「使い方講習」を行っています。はじめての方でも、1時間ほどでPhodoment(フォドメント)を使いこなせるようになりますよ。

PhoDoment説明会費用
(1)1~5名様:6万円
(2)交通費・宿泊費 別途実費精算
(3)6名様以上の時には、ご相談ください。

 

実際にご使用いただいたユーザー様の声

ユーザーの声:E社様 御担当様

 良かった点
◆SDツールでカメラから写真を回収する段階で、自動的に現場ごとのフォルダが作成されファイルが振り分けられるので、手動で選り分ける手間が省けました。
◆初期設定で保存先を定義するため、PCに不慣れな人が使っても写真ファイルが行方不明になりにくい。(PC初体験の人ばかりでも使えました)
◆現地でカメラメニューをしっかり選択してあれば、写真台帳ツールでほぼ自動に写真台帳ができてしまうため、事務所に戻ってからの作業時間を大幅に短縮できました。
◆選択されたカメラメニューから何を撮影したものか判別できるため、現地に行っていない人でも容易に状況を把握し、写真台帳を作成できる。(現地作業員と写真台帳作成者が別人でも問題なし)
◆通常の使用では写真データを改ざんできないため、信頼性が向上する
◆カメラメニューの設定が容易なので、急な仕様変更にも現場で対応できる。

改良を求める点
◆SDカードから写真データを回収する際、2,000枚を超えると差分回収でも長時間かかる。(貯めなければ問題ないが)
◆QRコードの読み込みに慣れが必要。(最近のスマホアプリ位の感度があれば助かる)
◆調査票がExcelで1ファイル毎になるため、プリントアウトする際は手間がかかる。(これはカメラツールとは関係ないか。。。)
◆カメラメニューの多機能化(前項目の選択結果により、後項目の選択肢を変えるインテリジェント機能とか )
 

 

PhoDoment操作動画


わかりやすく動画で使い方をご説明しています。

PhoDomentの使い方① 起動~設定
PhoDomentの使い方② カメラメモ
PhoDomentの使い方③ 工事情報~カメラメモ出力
PhoDomentの使い方④ 撮影
PhoDomentの使い方⑤ SDカード整理~台帳作成
 

 

ご購入・お申込みの流れ


弊社ライセンス製品の販売につきまして、以下の内容をご覧ください。


・見積書・請求書につきましては、ご希望のお客様が法人の場合に、「書面にて送付」「FAXにて送付」「PDFファイルをメールで送付」が可能です。
個人名義での発行は行っておりませんのでご了承ください。

ご希望の方は、お見積もりをご依頼の際に必要な書類をご連絡いただくか、お見積もりご依頼後に別途メールにて販売担当にご依頼ください。
書面の名義は、ライセンスを利用するお客様の法人名のみとなります。

・弊社ライセンス製品は銀行口座へのお振込みでのご購入のみとなっております。
その際のお振込みの控えが領収書(領収証)として利用できるとのことで、原則として領収書は発行しておりません。

・その他 「ライセンス証書」「ライセンス証明書」は発行しておりません。

PhoDoment(フォドメント)無料お試し版ダウンロードサービス


無料お試しサービスは製品導入をご検討中のお客様向けサービスです。

  • 使用許諾契約書
  • 無料お試し版の概要
PhoDoment(フォドメント)写真等台帳整理ツール 90日間体験版

ソフトウェア使用許諾契約書

  この使用許諾契約書は、株式会社国際創研(以下、国際創研といいます。)のPhoDoment(フォドメント)写真等台帳整理ツールの体験版およびそのその他の電子的文書が併せて提供される場合のかかる電子的文書(以下、併せて「許諾ソフトウェア」といいます。)に関するお客様と国際創研との間の法的な契約です。国際創研は「許諾ソフトウェア」をお客様が自社の体験評価の目的にのみに使用する権利を許諾します。本契約の条項に同意されない場合は、お客様は国際創研より「許諾ソフトウェア」の使用許諾を受けることができず、「許諾ソフトウェア」を使用することはできません。お客様は「許諾ソフトウェア」のインストールを行わないでください。
○ソフトウェア製品ライセンス
製  品  名:PhoDoment(フォドメント)写真台帳整理ツール
ライセンス種類: 体験製品ライセンス

1.権利の留保
(1) 「許諾ソフトウェア」に関する著作権を含む一切の権利は、国際創研に帰属します。
(2) 本契約に明示的に定める場合を除き、国際創研のいかなる知的財産権も、明示たると黙示たるとを問わず、お客様に譲渡または許諾されるものではありません。
(3) お客様は、「許諾ソフトウェア」に含まれる国際創研の著作権表示を変更、除去または削除してはなりません。

2.使用許諾
(1) お客様は、「許諾ソフトウェア」の評価を目的として、お客様の1台のコンピューターにおいて「許諾ソフトウェア」を使用(本契約において「使用」とは、「許諾ソフトウェア」をインストールすること、または表示すること、アクセスすること、読み出すこと、もしくは実行することのいずれも含むものとします。)することができます。なお、お客様は「許諾ソフトウェア」を商業利用目的で使用してはならないものとします。お客様が、前記に指定される数を超えるコンピューターにおいて「許諾ソフトウェア」の使用を希望される場合、お客様は国際創研から「許諾ソフトウェア」の製品版のライセンスを別途ご購入しなければなりません。
(2) お客様は、「許諾ソフトウェア」の全部または一部を修正、改変、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルまたは他のプログラミング言語へ変換することはできません。また、第三者にこのような行為をさせてはなりません。
(3) 本契約に明示的に定める場合を除き、お客様は、「許諾ソフトウェア」を再使用許諾、譲渡、販売、頒布、賃貸、リースもしくは貸与その他の方法により、第三者に「許諾ソフトウェア」を使用または利用させること、または複製もしくは翻訳することはできません。

3.保証の否認および免責
(1) 「許諾ソフトウェア」は、現状のままの状態で使用許諾されます。国際創研は、「許諾ソフトウェア」に関して、商品性および特定の目的への適合性または「許諾ソフトウェア」に欠陥がないことを含め、いかなる保証もしません。
(2) 国際創研は、お客様の正当な入手を証するものにより証される、お客様の「許諾ソフトウェア」の入手日より90日の間、通常の使用状態において、「許諾ソフトウェア」に物理的な欠陥がないことを保証します。但し、欠陥が、「許諾ソフトウェア」の事故、誤用、または乱用により生じた場合には無効となるものとします。「許諾ソフトウェア」のかかる保証は、プログラム自体については現状通りとし、機能上、性能上の保証は致しません。
(3) 国際創研は、「許諾ソフトウェア」の使用または使用不能から生ずるいかなる損害(逸失利益およびその他の派生的または付随的な損害を含むがこれらに限定されない)について、一切責任を負わないものとします。たとえ、国際創研がかかる損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。
(4) 国際創研は、「許諾ソフトウェア」の使用に起因または関連してお客様と第三者との間に生じるいかなる紛争についても、一切責任を負わないものとします。

4.サポートおよびアップデート
国際創研は、「許諾ソフトウェア」のメンテナンスおよびお客様による「許諾ソフトウェア」の使用を支援することについて、いかなる責任も負うものではありません。また、本契約に基づき「許諾ソフトウェア」に対してアップデート、バグの修正あるいはサポートの提供がなされることはありません。

5.輸出
お客様には、米国輸出管理規則を含む該当国の全ての輸出管理法、規制および規則を遵守することを表明および保証いただくとともに、当該輸出管理法、規制および規則に違反して、または日本国政府または該当国の政府より必要な認可等を得ることなしに、「許諾ソフトウェア」の全部または一部を、直接または間接に輸出しないことを表明および保証していただきます。

6.契約期間
(1) 本契約は、お客様が「許諾ソフトウェア」をインストールされた時点で発効し、下記(2)または(3)により終了されるまで有効に存続します。
(2) お客様は、「許諾ソフトウェア」を廃棄し、且つ、インストール済みのすべての「許諾ソフトウェア」を消去することにより本契約を終了させることができます。
(3) 国際創研は、お客様が本契約のいずれかの条項に違反した場合、直ちに本契約を終了させることができます。
(4) お客様は、上記(3)による本契約の終了後直ちに、「許諾ソフトウェア」を廃棄し、且つ、 インストール済みのすべての「許諾ソフトウェア」を消去するものとします。
(5) 第1条、第3条および第5条の規定は、本契約の終了後も効力を有するものとします。

7.一般条項
(1) 本契約のいずれかの条項またはその一部が法律により無効となっても、本契約のそれ以外の部分は効力を有するものとします。
(2) 本契約は日本国法に準拠するものとします。
(3) 本契約に関わる紛争は、国際創研の所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所として解決するものとします。
【無料お試し版の概要】
名称 : PhoDoment(フォドメント)写真等等台帳整理ツール(体験版)
作成者 : 株式会社 国際創研
転載条件 : 許可無く転載不可

【無料お試し版の使用期間と台数】
・使用期間 : アカウント発行後90日間
・管理対象PC台数 : 1台
【サービス利用環境】
・Windows 7 Ultimate/ Professional/ Enterprise SP1 32/ 64-bit

 
上記「ソフトウェア使用許諾契約書」をお読みいただき、同意された場合に『PhoDoment(フォドメント)無料お試し版』がダウンロードできます。

「同意する」にチェックを入れて、必要事項をご記入の上、「送信する」を押してください。

   
ソフトウェア使用
許諾契約書*

Software license agreement

  同意する    
法人名等*

your name


法人様である場合、会社名,所属先部署名、団体名等を記入してください
個人様の場合はお手数ですが「個人」とご記入ください
お名前*

your name


例:漢字(全角) 山田 太郎
フリガナ*

your name


例:カナ(全角) ヤマダ タロウ
電話番号*

tel


例:(半角英数)0238-1234-5678 ハイフン「‐ 」を入力してください
メールアドレス*

e-mail address


例:(半角文字) abcd@efg.co.jp 携帯電話のアドレスは不可
確認用メールアドレス*

e-mail address


確認のためもう一度ご入力ください
郵便番号*

postcode

住所*

address


建物名等、すべてご記入ください
*は必須項目です。


 

お問い合わせやお見積りはこちらから


お客さまからのご質問をお問い合わせフォームにて受け付けております。 必要事項をご記入の上、「送信する」を押してください。
(注意)下記につきまして、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

  • 各種ご質問に対する返答につきましては、原則メールにて対応させていただきます。
     (メールアドレスは正確にご入力ください。お電話でご連絡させていただく場合もございます。)
  • 弊社からの回答は、お問い合わせいただいたお客さまの特定のご質問にお答えするものです。
    弊社の許可なく、回答内容の一部もしくは全体を転用、二次利用、または当該お客さま以外に開示することは固くお断りいたします。
  • お問い合わせには、原則として営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間:9:00~18:00(土・日・祝日、年末年始、夏期休暇等、弊社休日を除く)
  • お返事を差し上げるまでにお時間がかかる場合があります。
  • お電話番号等の事項が不正確である場合やお問い合わせの内容によっては、お返事を差し上げられない場合があります。
  • お客様の個人情報は、弊社規定に従い適切に管理いたします。

法人名等*

your name


ご連絡先が法人様である場合、会社名,所属先部署名、団体名等を記入してください
個人様の場合はお手数ですが「個人」とご記入ください
お名前*

your name


例:漢字(全角) 山田 太郎
フリガナ*

your name


例:カナ(全角) ヤマダ タロウ
電話番号*

tel


例:(半角英数)0238-1234-5678 ハイフン「‐ 」を入力してください
メールアドレス*

e-mail address


例:(半角文字) abcd@efg.co.jp 携帯電話のアドレスは不可
確認用メールアドレス*

e-mail address


確認のためもう一度ご入力ください
郵便番号*

postcode

住所*

address


建物名等、すべてご記入ください
お問合せの内容*

contents

製品/PhoDoment(フォドメント)サービス詳細・料金・手続き等
製品/PhoDoment(フォドメント)お申込み前(見積依頼)
その他弊社業務全般/
お問い合わせの詳細*

inquiry body

*は必須項目です。